日本近現代史と戦争を研究する

歴史学の観点から日本近現代史と戦争について記します。

サッカー日本代表遠藤・今野の『観察眼』を読む

観察眼 (角川oneテーマ21)作者: 遠藤保仁,今野泰幸出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2012/01/10メディア: 新書購入: 1人 クリック: 12回この商品を含むブログ (6件) を見る 本書は三部構成となっています。第一部は今野の観察…

「満洲国」建国過程で誰を省長に登用したか

Last Emperor of China / tonynetone 満州事変では、日本は独立運動を支援するという体で、溥儀を傀儡国家の執政(のち皇帝)として担ぎ出すわけですが、では大臣などその下の役職はどうなっていたのでしょうか。日本人が全部担当したわけではありません。そ…

兵馬俑に行ってきた

西安の兵馬俑に行ってきました。幼少のころ、祖父の家で兵馬俑の本を見て衝撃を受けて以来、ずっと頭のすみにあった兵馬俑、ついに見ることができました。実際見ても衝撃的です。 西安の観光スポットはとても多く、簡単に言えば、市内、郊外東・西・南・北に…

ある歴史的事象について語る際

ある歴史的事象について語る際、いろいろな切り口があっていいわけで、新しい切り口によって、その事象に対する認識が深まっていくこともあるわけですが、外すことのできないポイントもあると思います。例えば世界を巻き込んで重大な影響を与えたような側面…

1933年ドイツの全権委任法はなぜ成立したか

1933年3月23日、ドイツの国会で可決された全権委任法(政府に立法権を委ねた法律)は、ナチス独裁確立の一つの画期となるものであるが、南利明「NATIONALSOZIALISMUSあるいは「法」なき支配体制-2-」*1を参考にすると、法案が成立したポイントとして次の5つ…

あの手口、学んだらどうかね

都内での講演における麻生発言である。 ナチスについて悪しき例として言及したいのなら、なぜ「手口」という言葉をつかうのか。「教訓」を使えばいいのに。憲法改正が政治日程に上りつつあるなか、ここ最近の自民党の憲法に関する発言がこわい。危機感ととも…

兵役の悪影響

○論説「兵営教育の欠陥」『読売新聞』1903.1.29−30 第一先づ兵営が罪悪を知らない純潔なる青年をして堕落せしむるといふことハ、今日何人も認る事実である、蓋し兵営ハ社会下層の壮年子弟の集る所で、中にハ目に一丁字なきものをさへ混て居るのであるから、…

日仏の兵営と女性

○橋亭主人『兵営百話』文陽堂、1901年、64〜65頁 仏蘭西では下士官に営内に官舎を作つてやつて、隊務が終れば其処へ帰て休むといふことにしてある、我等の知人が前年仏蘭西の兵営へ行つた時に、営内の一隅にある家の側に、嬰児のおしめが乾してあるのを見た…

「兵営 昔は怖い処 今は良い処」

○橋亭主人『兵営百話』文陽堂、1901年、52〜53頁 ◎嘗て昔、兵営生活なるものゝ感情的歴史は暗黒なる牢屋てふ文字を以て観察されたり、兵士夫れ自身は勿論、地方人に至るまで、 ◎牢屋的想像は大に事実を酷大に失せしめたるの観ありといへども吾国一種の封建的…

風紀衛兵

○「月寒の兵営(一)」『北海道毎日新聞』明23.3.4 兵営に至りて第一に目に入るは営門の歩哨である更に営門を入れは必す衛兵所の一棟が建てられて居る、内地の連隊の居る兵営には此衛兵所に二十余名の兵士が居るが、月寒の兵営には七名しか居らぬ、此兵士を…

酒保の設置

○『東京日日新聞』明18.7.11(『明治ニュース事典III』毎日コミュニケーションズ、1984年、792頁) 陸軍省にて、今度陸軍内務書第四版により、営内の飲酒を許されたるに付き、連隊中に酒保をおかれ、その委員は士官、下士中より選定し、飲酒の節混雑なきよう…

満洲国軍白系ロシア人部隊における慰安所

満洲国軍日系軍官四期生会『大陸の光芒―満洲国軍日系軍官四期生誌』(1983年)下巻に、下記のような回想が出てくる。H生「白系露人部隊」と題してある。満洲国軍では、多くの日本軍人が部隊長や教官となって現地人兵士を率いていたが、著者は対ソ工作を目的…

中華民国兵役法(1933)

1933年6月17日、国民政府は「兵役法」12か条を公布した。非常に簡略的な兵役法で、36年3月1日になってようやく正式に施行された。国民政府は対日全面戦争を見据えて、募兵制を徴兵制に改める方向性を打ち出した。 兵役法(1933) 第一条 中華民国男子の兵役…

中華人民共和国兵役法 目次

第一章 総則 第二章 平時徴集 第三章 下士官兵の現役および予備役 第四章 軍官の現役および予備役 第五章 青年学生中より招聘の軍隊学校学生 第六章 民兵 第七章 予備役人員の軍事訓練 第八章 普通高等学校および普通高中学生の軍事訓練 第九章 戦時兵員動員…

中華人民共和国兵役法 第十二章 附則

第十二章 附則 第七十二条 本法は中国人民武装警察部隊へ適用する。 第七十三条 中国人民解放軍は需要に応じて文官幹部を配備する。本法の軍官関係規定は文官幹部へ適用する。 第七十四条 本法は1984年10月1日より施行する。

中華人民共和国兵役法 第十一章 法律責任

第十一章 法律責任 第六十六条 兵役服務義務を有する公民で下記の一に該当する者は、県級人民政府によって期限までに行いを正される。期限を過ぎても改まらない者は、県級人民政府によって兵役義務履行を強制され、さらに罰金を以て処罰され得る。 (一)兵…

中華人民共和国兵役法 第十章 現役軍人の待遇および現役退出後の処遇

第十章 現役軍人の待遇および現役退出後の処遇 第五十三条 国家は現役軍人がその職務履行に相応しい待遇を享受することを保障する。現役軍人の待遇は国民経済の発展と調和し、社会進歩に対応しなければならない。 軍官は職務軍衙等級給料制を実施し、士官は…

中華人民共和国兵役法 第九章 戦時兵員動員

第九章 戦時兵員動員 第四十九条 敵の突然の襲撃に対処し、侵略に抵抗するため、各級人民政府、各級軍事機関は、平時より戦時兵員動員の準備作業を遂行しなければならない。 第五十条 国家の動員令発布以後、各級人民政府、各級軍事機関は、迅速に動員を実施…

中華人民共和国兵役法 第八章 普通高等学校および普通高中学生の軍事訓練

第八章 普通高等学校および普通高中学生の軍事訓練 第四十五条 普通高等学校の学生は就学期間、基本軍事訓練を受けなければならない。 国防建設の必要により、軍官任務担任に適合する学生に対し、再度短期集中訓練を実施し、試験合格者は、軍事機関の承認を…

中華人民共和国兵役法 第七章 予備役人員の軍事訓練

第四十一条 予備役下士官兵の軍事訓練は、現役部隊、予備役部隊、民兵組織あるいはその他組織形式での実施を採用する。 現役予備が、予備役部隊および基幹民兵組織の予備役下士官兵へ編入の場合、十八歳から二十四歳まで、三十日から四十日の軍事訓練に参加…

中華人民共和国兵役法 第六章 民兵

第六章 民兵 第三十八条 民兵は現場的群衆武装組織であり、中国人民解放軍の補助および後備武力である。 民兵の任務は、 (一) 社会主義現代化建設への参加 (二) 戦備勤務遂行、防衛作戦への参加、侵略への抵抗、祖国防衛 (三) 現役部隊として兵員を補…

中華人民共和国兵役法 第五章 青年学生中より招聘の軍隊学校学生

第五章 青年学生中より招聘の軍隊学校学生 第三十一条 軍隊建設の必要により、軍隊学校は青年学生中より学生を招聘することができる。招聘学生の年齢は、徴集服現役年齢の範囲から外れる。 第三十二条 学生で学業を終え試験に合格した者は、学校より卒業証書…

中華人民共和国兵役法 第四章 軍官の現役および予備役

第四章 軍官の現役および予備役 第二十六条 現役軍官は以下の人員より補充する。 (一)優秀下士官兵からの選抜および普通高中卒業生で軍隊学校卒業の者 (二)普通高等学校卒業の国防生からの選抜およびその他当期優秀卒業生 (三)普通高等学校本科以上の…

中華人民共和国兵役法 第三章 下士官兵の現役および予備役

第三章 下士官兵の現役および予備役 第十八条 現役下士官兵は義務兵役制下士官兵および志願兵制下士官兵を包括し、義務兵制下士官兵を義務兵、志願兵制下士官兵を士官と称す。 第十九条 義務兵が現役に服する期間を二年とする。 第二十条 義務兵は現役満期と…

中華人民共和国兵役法 第二章 平時徴集

第二章 平時徴集 第十一条 全国で毎年徴集し現役に服する人数、要求、時期は、国務院および中央軍事委員会の命令規定による。 県以上の地方各級人民政府は、兵役機関および関係機関を組織し、徴集業務機構を構成し、徴集業務の組織実施の責任を負う。 第十二…

中華人民共和国兵役法 第一章

中国の現行兵役法は、1984年に施行されたものである。1998年、2009年、2011年と3回の修正を経ている。全12章74条からなる。 今回は、第一章。 中華人民共和国兵役法 第一章 総則 第一条 中華人民共和国憲法第五十五条「祖国を防衛し、侵略に抵抗することは中…

なぜ満洲の主要都市を占領するか

1931年9月以降、柳条湖事件を起した関東軍は、独立国家樹立に向けて次々と満洲の主要都市を占領していった。各都市の占領はどのように理由づけられたか。32年9月、関東軍司令官を務めた本庄繁の、天皇への上奏から簡潔にまとめると、以下のようになる。 (小…

「満人」軍警による対日人暴行事件

「満人」は、ただ虐げられるばかりの存在ではなかった。「満人」軍警による対日人暴行事件が発生している。以下は、その一例である。「満人」軍警は武力を有しているから、ふつうの「満人」とは違い、一般の日本人に不平不満をぶつける力があり、気持ちでも…

三江省鶴岡炭鉱苦力強制募集

三江省鶴岡炭鉱ニ於テハ十一月以降二回ニ亘リ苦力募集ノタメ職員ヲ洮南県城ニ派遣シ募集ヲ開始シタルモ目的ヲ達セサリシ為満警ノ協力ヲ得強制募集ノ結果■定人員二百名中百四十名ヲ得■■内十五名ハ同行ヲ拒ミ迯走 (吉林省檔案館, 廣西師範大學出版社編『日本…

「満人なんか…」

満洲も暮しよいです 満人なんか内地人にはびく\/して居ます そこをつけ込んで私達なんかも満人を屁とも思つて居りません嫌な奴と思つたら頭から怒鳴つてやります とても面白いです 買物などでも無茶苦茶に値切つて買つて来ます 値切れば幾らでも値切れるよ…

史料としての日記について

日記の書き手は、まことにわがままに書く。その結果はいちじるしく反=日本語的な文章になる。日記の文章の、この文章規範を無視した日本語の面白さこそ、じつはいちばん読んでいただきたいところなのである。 (10頁) ヨーロッパの日記を研究して大部の本…

両院協議会で妥協案成立

両院協議会で妥協案が成立した。同案は上院および下院において承認され、大統領の裁可によって法律となった。常備兵数は平時17万、義勇兵条項は削除、硝石製造所設立、連邦所管州兵約42万新設である。 「上院ニ於テ修正セラレタル『ヘー』氏陸軍拡張法案送付…

上院チェンバレン法案VS下院ヘイ法案

陸軍再編に関する議会の議論は上院案と下院案の対立に至った。両案は州兵の連邦所管化の点では一致していたが、常備兵力数については大きな懸隔があった。また上院案ではガリソン元長官案同様の連邦義勇兵創設が盛り込まれていた。なお、チェンバレン宿案の…

州兵連邦所管化案の浮上

ガリソン大陸軍計画は大統領の支持を得られず、ガリソンは陸軍長官を辞任した。代わって議論の俎上に上ってきたのが、州兵の連邦所管化案であった。下院軍事委員会は州兵連邦所管化を中心とする再編案を採用し、一方、上院軍事委員会では、常備軍拡大を立法…

ガリソン陸軍長官、大陸軍計画を推進

ガリソン陸軍長官は、チェンバレンと軍備増強の点で一致していたが、軍事訓練義務化については、現状では困難であるとしてその実現を悲観視していた。その代わりに、志願兵徴募による大陸軍計画を提案した。しかし大統領はその計画を支持していなかった。 Ne…

第一次大戦期アメリカ年表

年 月日 事項 1914 Aug.4 中立を宣言 1915 May.7 ルシタニア号、沈没 Sep.6 ハイチを保護国化 Sep.18 ドイツ、米国に配慮し潜水艦攻撃を制限 1916 Mar.15 米軍、メキシコ侵入(1917 Feb.5 まで) Mar.24 イギリス、徴兵制導入 Jul.1 ソンムの戦い(Nov.18 まで)…

チェンバレン、軍事教育義務化法案提出

徴兵法導入のきっかけを作ったのは、チェンバレン上院議員であった。1915年末の時点で、チェンバレンは、学校での軍事教育を義務化する法案を提出する。 Spokane Daily Chronicle - Jul 29, 1915 Chamberlain For Increase In Army 28日、上院軍事委員会委員…

各連合国間で相互的徴兵協約締結

草案と比べると、米英協約は相互的な徴兵をよりシンプルに規定している。兵役の互換を認めるような条項は無くなっている。米英協約以後、各連合国間で相互的徴兵協約の締結が進んだ。相互的な徴兵を否定する日本は協約の輪の中に入らなかった。しかし、ハワ…

米政府、まず英国およびカナダと徴兵協約締結

協約草案打診後、米政府は先にまず英国と協定を締結する方針をとった。1918年2月には、協約が調印された。カナダとの協約も同時になされた。しかし3月、協約の批准を前に、上院に国務省からストップがかかった。英国と米国の徴兵適齢の差がさらなる調整を必…

米政府、連合国に徴兵協約草案打診

外国人徴兵を外交交渉を通じて実現させようとする米政府は、連合国に相互的徴兵協約の草案を打診した。日本には9/26に届いている。草案は、在留民の徴兵のための本国帰還か在留国での徴兵を相互に協約するものであった。外務省から意見を求められた陸軍省は…

下院、修正案審議停止、外交交渉で決着へ

ロジャー議員によるチェンバレン決議案の修正には国務長官から中止の要求があり、下院側もそれを容認した。大統領はロジャー案を支持していなかった。結局、外国人徴兵に関しては、国内法で強引に立法化するのではなく、外交交渉を通じ、同盟国の合意を得た…

下院、チェンバレン決議案修正の動き

下院に送られたチェンバレン決議案だが、ロジャー下院議員はその修正を積極的に働きかけた。条約により免除となる外国人をも国外退去させ、永久に市民権を与えないとする、より先鋭化した修正であった。国務省は、そこまでやるのは行き過ぎであり、条約の存…

上院、チェンバレン決議案を採択

チェンバレン決議案がようやく上院での採択に至った。報復的に敵国でアメリカ市民が徴兵されたらどうするという意見もあったが、国内の不公平是正がより重視されたのだろう。大統領が外国人徴兵の支持を表明したことも大きい。日本人に関しては、1911年の日…

マッカンバー決議案とチェンバレン決議案が与える影響の差

両決議案を比べると、チェンバレン決議案の方がより広範囲な外国人を徴兵対象とするものであった。その分、審議には慎重が期されるべきものであった。新たに友好国外国人の入隊志願が許可されたことは、同決議案の審議に影響を与えた。チェンバレン決議案の…

上院、マッカンバー決議案採択

佐藤駐米大使の報告にあったように、マッカンバー決議案がいち早く採択となった。チェンバレン決議案の採択は、友好国外国人の入隊志願を認めるという憲兵司令官の発言もあって、しばらく時間をみることとなる。 The Day - Jul 30, 1917 Alien Draft Bill Re…

日本政府、差別的な決議案の成立を牽制

決議案には、帰化資格がないものとして、日本人を徴兵対象から外す条項があった。これに対して日本政府は、カリフォルニア州外国人土地法の精神と同種の立法は黙過できないとして、国務省に意向を問いただした。国務長官代理からは、帰化権を標準とするもの…

チェンバレン決議案、委員会で可決

チェンバレン決議案の内容については各記事でまちまちで、議事録での確認が必要であろう。27日、軍事委員会が同決議案を可決し、次は本会議での採択へと向かう。28日には、アメリカ市民になれない外国人として日本人および中国人は徴兵免除と修正されるが、…

チェンバレン決議案の行方

しばらく、1917年ごろの米国における外国人徴兵問題について追いたい。 チェンバレン決議案は、多くの支持を得ながら、採決へと向かう。ただ、日本人など条約によって強制的な兵役賦課を禁止されていた外国人の存在が問題点として浮上していた。政府の意向は…

外国人も徴兵対象に・州の外国人比率(Jul 18, 1917)

Chicago Tribune Jul 18, 1917 DRAFT FOR GREAT ARMY IMMINENT 軍事委員会議長、チェンバレン上院議員は、徴兵を敵国外国人を除きすべての者に適用する共同決議の準備を始めた。この措置によれば、123万9865人の外国人がリストに追加されることとなる。下院…

友好国外国人、各国の徴兵対象に(Jul 18,1917)

The New York Times Jul 18,1917 OPENS WAY TO DRAFT A MILLION FOREIGNERS(PDF) 本日、オレゴンのチェンバレン議員によって上院に提議された共同決議では、アメリカにおける友好国外国人は、オーストラリアおよびカナダのように、兵役義務が免除されている…