読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本近現代史と戦争を研究する

歴史学の観点から日本近現代史と戦争について記します。

ある歴史的事象について語る際

ある歴史的事象について語る際、いろいろな切り口があっていいわけで、新しい切り口によって、その事象に対する認識が深まっていくこともあるわけですが、外すことのできないポイントもあると思います。例えば世界を巻き込んで重大な影響を与えたような側面…

1933年ドイツの全権委任法はなぜ成立したか

1933年3月23日、ドイツの国会で可決された全権委任法(政府に立法権を委ねた法律)は、ナチス独裁確立の一つの画期となるものであるが、南利明「NATIONALSOZIALISMUSあるいは「法」なき支配体制-2-」*1を参考にすると、法案が成立したポイントとして次の5つ…

あの手口、学んだらどうかね

都内での講演における麻生発言である。 ナチスについて悪しき例として言及したいのなら、なぜ「手口」という言葉をつかうのか。「教訓」を使えばいいのに。憲法改正が政治日程に上りつつあるなか、ここ最近の自民党の憲法に関する発言がこわい。危機感ととも…