読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本近現代史と戦争を研究する

歴史学の観点から日本近現代史と戦争について記します。

日本史学専攻の学生は南京事件をどう調べるか

研究 南京事件

南京事件に限らず、どの歴史事項でも基本的に調べ方は同じです。
初学者の方には参考にしていただきたいです。


1.辞典
『角川日本史辞典』は、ふつう持っているはずですから、
これを引けば、簡潔に内容をつかめるでしょう。

また『国史大辞典』が研究室や図書館にあるはずですので、
それを引くのもいいでしょう。


2.通史
通史とは、例えば『岩波講座日本通史』や『日本の歴史』(講談社)など
古代から現代まで数人の執筆者により、時代順に叙述されているものです。
また各時代ごと、近代だけの通史も刊行されています。
通史の執筆者は、第一線のすぐれた研究者といえるでしょう。
通史のなかで事件がどう扱われているのか。
時代の流れのなかで事件をとらえます。


3.概説書
次に、事件に研究対象を絞った概説書を読むのがいいでしょう。
キーワードで検索して、
第一線の正統な研究者によるものを選びましょう。

正統かつすぐれた研究者は、『日本史研究』、『歴史学研究』、『史学雑誌』の
いずれかに論文を発表しているものです。

論文の検索については、国会図書館雑誌記事索引が便利です。
http://opac.ndl.go.jp/


4.個別論文および一次史料
個別論文では、問題がピンポイントにより詳細に論じられているでしょう。
また史料や論文の出典についても詳しくわかります。
一つの論文から芋蔓式に辿っていけるでしょう。
論文と言っても、研究誌だけではなく、著書に所収されているものもあります。


概説書や論文を読めば、その論拠となっている一次史料が
読みたくなるはずです。原典にあたって確認してみましょう。


(※07/12/4修正)