読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本近現代史と戦争を研究する

歴史学の観点から日本近現代史と戦争について記します。

昭7.4.8 宇垣一成日記


角田順校訂『宇垣一成日記』第2巻(みすず書房、1964)

欧米の論調は、満洲独立は仕方なしと諦めんとするの傾向、漸次濃厚に向ひつつあり。上海事件の発生は(中略)、満洲における仕事を隠蔽し、満洲丈けは日本の自由に任すも仕方なし、との空気の蘊醸には相当の効果ありと認めて然るべきである
(839頁)