読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本近現代史と戦争を研究する

歴史学の観点から日本近現代史と戦争について記します。

EPA報告書:野外での暴露

黄燐

さきにみたように、NRC報告書は、野外における黄燐煙の濃度に関して、
米国環境保護庁 (EPA)のデータを紹介していた。
今回は、そのEPAの資料にあたってみた。


タイトルは、
Summary Review of Health Effects Associated with Elemental and Inorganic Phosphorus Compounds
July 1990


オンライン上からもみることができる。
http://tinyurl.com/c2fqce


当該箇所は、Page (27 of 80)。

 Only limited information was found in the published literature on the actual ambient levels of elemental phosphorus. However, estimates of phosphorus releases as the result of mining, processing, and the manufacture, use, and disposal of phosphorus-containing products have been made by several researchers.
 Lum et al.(1982) reported elemental phosphorus levels ranging from 370 to 2,460μg/g in the form of particulate matter in the vicinity of St. Louis, Missouri. Berkowitz et al. (1981) estimated that emissions of elemental phosphorus from the manufacture of phosphorus munitions could be as great as 0.5 mg/m3/hour (worst-case upper limit), with a more likely upper limit of 0.5μg/m3/hour.
 These authors also estimated community exposure as a result of deployment of white phosphorus/felt and red phosphorus/butyl rubber screening smokes in training or testing field activities. Estimated exposures ranged for 146 mg/m3(as P2O5) 100m downwind from deployment to 0.963mg/m3, 5,000m downwind. Community exposures are not expected to be severe at a distance greater than 300m. However, particulary sensitive individuals may encounter respiratory irritaion at a distances of about 5,000m.

 刊行された文献において、リン元素の環境基準に関しては、わずかな記述しか見当たらない。しかしながら、リン含有化合物の採掘、加工、生産、利用、廃棄の結果としてのリン放出の計測については、いくつかの研究がなされている。
 Lumほか(1982) は、ミズーリセントルイス近辺において、粒状物質としての370〜2460μg/gのリン元素を記録している。Berkowitzほか (1981)は、リン弾薬製造からのリン元素の放出は、適当な上限値が0.5μg/m3/hourであるなか、最悪のケースでは、上限値0.5 mg/m3/hour にもなったと報告している。
 Berkowitzらはまた、訓練あるいは試験場における黄燐フェルトおよび赤燐ブチルゴムの煙幕展開によって生ずる民間地域への暴露を計測している。暴露の計測は、展開から100m風下で、146 mg/m3(五酸化二リン)、5000m風下で0.963mg/m3の範囲をとった。300m以上の距離があれば、民間地域への暴露は深刻なものとはならないものと見込まれる。しかしながら、特に過敏な人は、約5000mの距離においても呼吸器の痛みに直面するかもしれない。


ここにあるように、EPAは、Berkowitzほか (1981)の研究を引用し、
濃度について述べている。


そのタイトルは、
Research and Development for Health and Environmental Hazard Assessment. Task Order 5. Occupational and Environmental Hazards Associated with the Formulation and Use of White Phosphorus-Felt and Red Phosphorus-Butyl Rubber Screening Smokes.


概要はこちら。
http://www.dtic.mil/srch/doc?collection=t2&id=ADA116956


フリーで見られるものは、なかなか見つからない。