読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本近現代史と戦争を研究する

歴史学の観点から日本近現代史と戦争について記します。

徴兵制導入

軍事史関係文献

徴兵制導入>

著者・編者 タイトル 所収・出版社 発行
鹿野政直 日本軍隊の成立 歴史評論 46 1953.6
藤原彰 日本軍国主義の戦略思想 思想 365 1954.11
大石愼三郎 徴兵制と家 歴史学研究 194 1956.4
北崎豊二 明治一六年の徴兵令改正と民衆の動向 ヒストリア 69 1975.12
藤村道生 徴兵令の成立 歴史学研究 428 1976.1
遠藤芳信 1880〜1890年代における徴兵制と地方行政機関の兵事事務管掌 歴史学研究 437 1976.10
熊谷開作 徴兵令における「家」と国家 同志社法学 14-8 1978.3
松下芳男 増補版・徴兵令制定史 五月書房 1981
遠藤芳信 陸軍六週間現役兵制度と沖縄への徴兵制施行 北海道教育大学紀要 第一部B 社会科学編 33-2 1983.3
遠藤芳信 19世紀フランス徴兵制研究ノート 北海道教育大学紀要 第一部B 社会科学編 36-1 1985.9
山田千秋 徴兵令の制定と独仏戦争 歴史学研究 576 1988.1

←一覧にもどる