読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本近現代史と戦争を研究する

歴史学の観点から日本近現代史と戦争について記します。

日露戦争

日露戦争

著者・編者 タイトル 所収・出版社 発行
日本国際政治学会 日清・日露戦争 国際政治19 1962.4
橋川文三 日清・日露の戦役 筑摩書房 1970
信夫清三郎・中山治一 日露戦争史の研究 河出書房新社 1972
大山梓 日露戦争の軍政史録 芙蓉書房 1973
大江志乃夫 日露戦争の軍事史的研究 岩波書店 1976
大江志乃夫 戦争と民衆の社会史 徳間書店 1979
吉田裕 近年における日露戦争史研究の動向 史潮7 1980.9
大濱徹也 兵士にみる外国認識 史潮7 1980.9
大江志乃夫 世界史および日本史における日露戦争 史潮7 1980.9
渡辺奎二 筆の運びは拙いが 越書房 1982
大江志乃夫 兵士たちの日露戦争 朝日選書349 1988
海野福寿 日清・日露戦争 集英社 1992
井口和起 日清・日露戦争 吉川弘文館 1994
渡辺穣 兵卒の履歴簿 法政史学49 1997.3
井口和起 日露戦争の時代 歴史文化ライブラリー41 1998
嶋名政雄 乃木「神話」と日清・日露 論創社 2001
済々黌日露戦役記念帖編集委員会 日露戦争従軍将兵の手紙 同成社 2001
大濱徹也 庶民のみた日清・日露戦争―帝国への歩み― 刀水書房 2003
小森陽一成田龍一 日露戦争スタディーズ 紀伊國屋書店 2004
小野圭司 日清戦後経営期の軍事支出と財政政策 軍事史学40-2・3 2004.12
茂沢祐作 ある歩兵の日露戦争従軍日記 草思社 2005
日露戦争研究会 日露戦争研究の新視点 成文社 2005
横手慎二 日露戦争史:20世紀最初の大国間戦争 中公新書1792 2005
井口和起 日露戦争:世界史から見た「坂の途上」 ユーラシア・ブックレット71 2005
藤田昌雄 戦場の食―日露戦争における日本陸軍の糧秣体系― 軍事史学41-1・2 2005.6
偕行社日露戦史刊行委員会 大国ロシアになぜ勝ったのか:日露戦争の真実 芙蓉書房出版 2006
木村勲 日本海海戦とメディア:秋山真之神話批判 講談社選書メチエ362 2006
原田敬一 日清・日露戦争 岩波新書・新赤版1044 2007
山田朗 世界史の中の日露戦争 吉川弘文館 2009
コンスタンチン・サルキソフ もうひとつの日露戦争 : 新発見・バルチック艦隊提督の手紙から 朝日選書851 2009.2

←一覧にもどる