読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本近現代史と戦争を研究する

歴史学の観点から日本近現代史と戦争について記します。

南京事件否定論者が歴史学者による入門書・研究を読まなくていいと考える論理を忖度する

南京事件


Apemanさんのところの最近の経緯南京事件を否定してしまうのは入門知識すら身につけてない証 - 模型とキャラ弁の日記や過去に見聞した議論に基づくが、多分に推測を加味し、整合したものも含まれる。否定論者のなかでは、明確に意識されておらず、複数の論理が未分化になっているものも多いと思われるが、細かく区分してみた。


1.歴史学不能論
歴史学では結論が出ていないので、読まなくていい。

2.サヨク論
歴史学者はサヨクなので、読まなくていい。

3.インチキ論
歴史学者による通説は、インチキだとどこかで聞いたことがあるから、読まなくていい。

4.偏向
入門書や研究書は偏向しているから、読まなくていい。

5.不良歴史学者論
まともな歴史学者は、南京事件なんて研究しないので、読まなくていい。

6.愛国論
愛国のためには、読まなくていい。

7.予防論
読むと説得されてしまいそうなので、読まない。

8.ガリレオ・ガリレイ
真実は、常に支配的な通説により虐げられるのだ。通説なんて、読まなくていい。

9.素朴論
自分が素朴に考えた意見は、放漫な歴史学者に優り、何よりも尊重されるべきであるので、読まなくていい。

10.眼前論
議論している目の前の肯定論者の言い分にしか興味が無いので、読まなくていい。

11.免許皆伝論
自分は真の歴史学をマスターしているので、読まなくていい。

12.超越論
自分は歴史学者を超越しているので、読まなくていい。

13.我道論
歴史学歴史学でやればいい。自分は自分の道を行くので、読まなくていい。

14.覚醒論
真相を知っているのは自分たちだけなので、読まなくていい。



(追記 09/06/01)
<補遺>

恋は盲目論
自分が信頼しているのは、○○氏だけであり、○○氏が間違えることは絶対無いので、読まなくていい。